大人女子の気ままな漫画感想ブログ

ロゴ

『劇場版 呪術廻戦 0 』にわかのネタバレ感想。王道チート主人公はやっぱり良いという話。あと本編見てなくても大丈夫!

『劇場版 呪術廻戦 0 』を見に行ってきました!

呪術廻戦すごく人気ですよね。私はアニメを3話しか見ていないにわかなのですが、『劇場版 呪術廻戦 0 』は同じ世界観と設定ではあるものの本編とは別の話なので、本編を知らなくても楽しむことができました。後から本編を見ようと思っている人でも、大きなネタバレを見ることなく鑑賞できると思います。

結論から言うと、弱かった主人公がだんだん強くなって最終的に覚醒してチートになる、そんな王道展開は最高という話です。

王道って分かっていても、ときめくものはときめく。

ここからはネタバレ感想です。アニメシリーズ&原作未履修のにわかの言うことなので温かい目で見てください。

『劇場版 呪術廻戦 0 』にわかのネタバレ感想

『劇場版 呪術廻戦 0 』のここが良かった

  • 本編見てる方も見てない方も十分楽しめる
  • 乙骨憂太の呪い「里香ちゃん」の奇妙さ
  • 弱い主人公が覚醒して最強に。やっぱり王道展開が良い。

本編見てる方も見てない方も十分楽しめる!

先でも書きましたが、私は呪術廻戦のアニメを3話ほど見ただけの状態でした。主人公が呪術の学校に入るという設定と数人の主要キャラを知っていたくらいの知識量です。あ、あと五条先生の人気が爆発していることですかね。

こんなにわかの状態で『劇場版 呪術廻戦 0 』を見ても大丈夫かなという不安がありましたが、友人に誘われるままに見に行きました。劇場版は、本編と世界観や舞台、キャラもほとんど同じですが主人公が違うようです。呪術高専の現在の2年生が1年生の時の話で、主人公の乙骨憂太が1年生のクラスに入るところから始まります。乙骨憂太は本編にはまだ登場していないようですね(これから登場するのかもよく分からない)。

つまり本編と同じ世界感ながらも独立した話になっているので、本編を見ていない私でも問題なく楽しめました。これから本編を見るつもりだったので、先に映画を見たことでネタバレを見てしまうのではという不安もあったのですが、それも大丈夫だったと思います。

何にも知らない状態で鑑賞するのと、本編を知った上で鑑賞するのはどちらがいいのか?というのも考えてみましたが…どっちでもいいかな!と(笑)。それはもう人それぞれとしか言いようがないのですが、私は新鮮な気持ちで楽しむことができましたし、知らないキャラがいてもあまり気になりませんでした。というか乙骨憂太が主人公で本編始まっても良いくらいです(本編ファンの皆さんすみません)。

ただ、『劇場版 呪術廻戦 0 』にはたくさんのキャラクターが集結する場面がありましたし、それぞれのキャラに見せ場を持たせていたので、本編ファンの方には堪らないんだろうな!とも思うわけです。一緒に見に行った友人(本編視聴済)は、本編は現在の1年生がメインだから劇場版では2年生のことが詳しく描かれていて良かったと言っていました。本編を見てからもう一度見るのもいいかなと思います。

乙骨憂太の呪い「里香ちゃん」の奇妙さ

主人公・乙骨憂太を悩ませている呪い「里香」。子供の頃に乙骨と結婚の約束をした女の子が事故で亡くなった時に掛けた呪いですが…あのビジュアルと強さで里香ちゃんて。あのビジュアルですごく可愛い声で「憂太大好き」って言うんですよ。良くないですか?

あと里香って言う名前が絶妙ですよね。例えば、メグミちゃんとかユキちゃんとか、そういう名前だと何か違うんですよ。個人的な印象なんですが、里香という響きに最初リカちゃん人形みたいな女の子を連想させるんです。作者の方がそこまで考えて付けた名前かは別として、呪いの奇妙さを増長させている感じがして良かったです。

弱い主人公が覚醒して最強に。やっぱり王道展開が良い。

主人公・乙骨憂太が鍛錬してだんだん強くなり、仲間とも友情を深めたころ事件が起こります。夏油が乙骨の呪いを手に入れるため呪術高専にやってきますが、乙骨を守ろうとした同級生たちが次々に倒されていく場面です。

仲間の重症を知った乙骨はブチ切れ覚醒します。覚醒した後の乙骨の最強っぷりといったら。里香だけじゃなくて棘の呪言まで使ってしまうんです。最初は呪いに怯えていた主人公が突然覚醒してチートキャラになる、この流れ定番と言えば定番なんですが、見るとやっぱり良いなと思っちゃうんですよね。分かりやすく強くてカッコいいって見ていてストレスがないというか。強い敵キャラが圧倒されて倒されるのはすかっとします。うん、ストレス解消ですね。

そして乙骨突然のキャラ変。気弱で優しかった乙骨は覚醒後、急に強気になり、今まで怯えていた里香をも支配してしまいます。真希に手を出そうとした里香を強くたしなめる姿に、いきなり亭主関白キャラに!?と思いましたが、そのギャップもまた良いのですよ。「純愛だよ」という乙骨、イカれてて良いなと思いました。

乙骨があそこまで急変するためには、それに至るまでのきっかけ、引き金が必要で、そのためには前半の描写がすごく大切だったんだと思います。同級生の魅力を丁寧に描いていたし(パンダはよく分かんなかったけど)、真希とは恋愛…?フラグ…?みたいなものがほんのりと立ったような…?なんかもうそれも、真希に手を出そうとした里香へのたしなめ発言の布石に思えるんですよね。それくらいあのシーン良かったです。

さいごに

本編未履修の私にはまだ分からないことがいっぱいです。死んだはずの敵キャラが本編にも出ている?とか、五条先生のキレイなお目めとか…。ということで本編をちゃんと見たいと思います。だけど、劇場版単独でも成立していて初見で見られるというのはとても良いなあと思いました。

エンドロール後は、その後の乙骨の話なのか…何か続編かもしくは本編に関連しそうな含みのある感じでしたね。乙骨好きなのでまた本編でも出てきて欲しいです!

では最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。