大人女子の気ままな漫画感想ブログ

『月刊少女野崎くん』キャラクターとカップリングの魅力を紹介(ネタバレあり12巻まで)

ガンガンオンラインで連載中の4コマ漫画『月刊少女野崎くん』

突然ですが、『月刊少女野崎くん』の一番の魅力は

「キャラクター」と「カップリング」

だと思うんです!!

個性豊かな登場人物はもちろんですが・・・

恋愛なのか友情なのか、それとも何も考えてないだけなのか、そんな絶妙な組み合わせのカップリングのおかげで話がイキイキしてくるんですよね。

この記事ではキャラクターとカップリングの魅力をご紹介したいと思います!

アニメには出てこないキャラクターもいますよ!

この記事で主に分かること

  • キャラクターのプロフィール
  • キャラクター魅力を詳しくご紹介
  • カップリングと魅力を詳しくご紹介
  • 各カップリングのおすすめ回

『月刊少女野崎くん』とは?

作者椿(つばき) いづみ
出版社スクウェア・エニックス
掲載サイトガンガンONLINE
期間2011年8月~連載中
巻数12巻以下続刊(2020年12月現在)

『月刊少女野崎くん』の簡単なあらすじ(ネタバレなし)

高校生で美術部の佐倉 千代(さくら ちよ)。

千代は入学時からずっと、同級生の野崎 梅太郎(のざき うめたろう)に片想いしています。

千代は勇気を出して野崎くんに告白するものの、気持ちは伝わらず・・・

なぜかそのまま漫画のアシスタントをすることに?

なんと野崎くんは、男子高校生にして今をときめく少女漫画家・夢野 咲子先生だったのです!

ここからはネタバレありです。
物語の核心は避けていますが「情報なしで作品を読みたい!」という方はご注意ください。

月刊少女野崎くん』のキャラクターは個性派ぞろい!

『月刊少女野崎くん』には、個性的なキャラクターが必要不可欠。キャラクターの思い付きや勘違いが大ごとになって、毎回笑える展開を作り出しています。

ということで、そんな魅力あるキャラたちをご紹介したいと思います!

野崎 梅太郎(のざき うめたろう)

無骨な男子高校生にして少女漫画家。女子力高め。

プロフィール

  • 学 年:高校2年生(B組)
  • 誕生日:6月6日(梅の日)
  • 身 長:190センチ
  • 血液型:A型

「夢野咲子」というペンネームで、『月刊少女ロマンス』に連載をしている少女漫画家

野崎の漫画『恋しよっ♡』に使える恋愛ネタ探しに必死。いつも周囲を巻き込んでいる。

ひとり暮らしをしていて、身長190cmでがたいのいい見た目とは裏腹に家事や料理が得意。

漫画家であることは隠していないが、アシスタント以外の友達には冗談と思われ、いまだに信じてもらえずにいる。

佐倉 千代(さくら ちよ)

とにかく野崎くん大好き!恋する乙女・小動物系。

プロフィール

  • 学 年:高校2年生(A組)
  • 誕生日:3月27日(桜の日)
  • 身 長:145センチ
  • 血液型:O型
  • 部 活:美術部
  • 漫 画:ベタ担当

145cmの身長と髪につけた大きなリボンで、歳よりも幼く見える。鈍くさいところもあるが、明るく人懐っこい社交的な女の子。

高校入学当初から野崎が好きで告白をするが、「夢野咲子(野崎のペンネーム)」のファンと勘違いされ、本当の気持ちは伝わっていない。

それどころか美術部で描いたポスターの腕を買われ、漫画のアシスタントをすることに。

野崎にたびたび餌付けされている。

御子柴 実琴(みこしば みこと)

プレイボーイと見せかけて人見知りのオタク。

プロフィール

  • 学 年:高校2年生(G組)
  • 誕生日:2月14日(バレンタイン)
  • 身 長:177センチ
  • 血液型:A型
  • 漫 画:小物・花・点描など担当

表では、イケメンでチャラいプレイボーイ。でも実は、人見知りでデリケートなオタク。

よく調子に乗って女の子にクサいセリフを吐いては、その後恥ずかしさで身もだえしている。

美少女フィギュアや美少女ゲームが大好き。

努力家で、恥ずかしがって、すぐへこんでよく悩む性格から、野崎の漫画『恋しよっ♡』のヒロイン・マミコのモデルにされている(本人は知らない)。

通称みこりん。

鹿島 遊(かしま ゆう)

才色兼備・女の子にモテモテの王子様。ただし女子。

高校2年生女子・演劇部。端正なルックスで、美人というよりイケメン。成績も良くスポーツもでき、モテ要素満載で女の子から大人気。恥ずかしげもなく甘いセリフを吐き、女の子を喜ばせるその勇気をたたえて、男子から「王子様」と呼ばれている。同じ演劇部の堀先輩が気に入っており、可愛い後輩のポジションになろうと頑張っている。(そして余計なことをして怒られている)

堀 政行(ほり まさゆき)
漫画:背景担当

クールな演劇部部長。たまに親バカ&足フェチ。

高校3年生・演劇部部長。演技力が高く、以前は役者として演劇部の舞台に立っていたが、今は大道具など裏方の仕事を好んでやっている。鹿島を演劇部にスカウトしたのは堀だが、何かと手を焼く後輩のため世話係のようになっている。鹿島の顔が大好きでたまに、「うちの子が一番」的な親バカがさくれつすることがある。真面目でわりと常識人だが、足フェチという一面も。

瀬尾 結月(せお ゆずき)

ガサツなKY迷惑女子。でも歌声だけは天使。

高校2年生・声楽部。千代と仲良し。ガサツで空気を読まない性格で、よく周りに迷惑をかけたり怒らせたりする問題児。運動神経抜群のため、たびたび運動部の助っ人に呼ばれている(結月の乱暴なプレーに耐えて精神面強化をするため)。ただ歌声だけは天使のようで、「声楽部のローレライ」という異名を持つ。若松のことを気に入ってよくかまっている。

若松 博隆(わかまつ ひろたか)
漫画:トーン・消しゴム担当

純粋すぎるいい奴。そして鈍感なバスケ男子。

高校1年生。バスケ部で、野崎の中学時代の元後輩。結月に気に入られ振り回されているが、優しく繊細な性格のためいつも精神を疲弊している。そして不眠症が悪化。「声楽部のローレライ」(結月が正体という事を知らない)に憧れており、その歌声を聞くと一瞬で眠ることができる。昭和の少女漫画を参考にする節があり、たまにずれた行動をしている。

他にも、野崎くんの弟・真由、担当編集者の剣さん、漫画家仲間の都など盛りだくさんです!

カップリング好きにはたまらない!一部をご紹介

キャラクターそのものが魅力的なのはもちろん、キャラクター同士の関係性もポイントなんです!

必ずしも恋愛とは限らないのですが、見ていてニヤニヤできるカップリングが満載です。

のざちよ(野崎梅太郎×佐倉千代)

恋する小動物系乙女と超鈍感男子。

のざちよの推しポイント

  • 千代のがんばりが健気(たまに暴走)
  • 千代の気持ちに気付かない鈍感野崎
  • 2人はガラケー仲間
  • 野崎に餌付けされる千代
  • 何だかんだで一番仲良し
  • たまに急に訪れる胸キュンシーン

野崎を一途に想う千代がとにかく可愛いいんです!

気持ちが行き過ぎて、野崎の忘れた消しゴムや使ったチョークをコレクションしているというところもありますが。でも可愛いので許されます多分。

千代は告白をきっかけに野崎と仲良くなりますが、全く気持ちに気付いてもらえません。

女子力をアピールしようとしても、逆に野崎に女子力見せつけられます。(お菓子をよく作ってもらい餌付けされている)

千代は、いつもさりげなく野崎くんのそばにいて、漫画のネタ探しに一番付き合ってあげているのも千代なんですよね。

そして6巻では、野崎が、千代のことを「一番仲がいい」と思っていることが判明。よかったね千代ちゃん。

なかなか進展しないからこそ、たまに予想外のドキドキが起きるのもこのカップリングです。

あと身長差ね。

↓野崎くんと千代ちゃんのおすすめ話

4巻 第31号

野崎が千代にドッキリを仕掛ける話。本当こいつら仲いいな。たまに不意打ちでドキッとさせるのズルいです。

5巻 第50号

千代と野崎の出会いのお話。千代が野崎を好きになったきっかけも分かります。野崎は入学当初から野崎です。

堀鹿(堀征行×鹿島遊)

王子様な後輩女子と世話係な先輩男子。

王子様と呼ばれ女子にモテモテの鹿島くん(女子)ですが、堀先輩からは雑な扱いを受けています。

部活をサボる鹿島くんを無理矢理引きずって部活に連れて行ったり、鹿島くんが余計なことを言って怒らせて殴られたり(強めに)。

女子に対する扱いとは思えません。でもそれがいいんです。

鹿島くんは堀先輩が大好きで、可愛い後輩のポジションを狙っています。

ちなみに現在のところ恋愛ではなく、鹿島くんが目指すのは「結婚式で出し物するくらいの仲」だそうです。

そして堀先輩は、鹿島くんに関しては実は親バカ。

鹿島くんの顔が好きで、イケメン御子柴と会った時も「うちの鹿島の方がかっこいい」と言っていたり、鹿島くんが喫茶店でバイトをした時もわざわざウェイター姿を見に行ったり。

何だかんだで鹿島くんに甘いところもポイントです。

↓鹿島くんと堀先輩のおすすめ話

9巻 第87号

鹿島が女装する話(元から女子だけど)。女装姿の鹿島を見た堀の反応は!?堀鹿ファン必見です。

11巻 第108号

鹿島が記憶喪失になって堀先輩を忘れる話。

堀鹿が出てくる話まとめはこちら

若瀬尾(若松博隆×瀬尾結月)

迷惑な先輩女子と繊細な後輩男子。

結月は運動神経バツグンでバスケ部の助っ人によく呼ばれます。そこでバスケ部の若松と出会うのですが、結月の乱暴なプレー(反則やボールをぶつけられる)のせいで若松の不眠症が悪化します。しかもなぜか結月は若松を気に入りよくかまうように。

そんな若松の好きな人は、「声楽部のローレライ」と呼ばれる声楽部の生徒。若松はローレライの天使の歌声を聞くとすぐに眠ってしまうため、彼女の姿を見たことはありません。
実は、そのローレライの正体は結月なのです。不眠症の原因に、不眠症を解消してもらっているという不思議な状況なのでした。

さらに、「迷惑な奴でうっとうしく思ってるはずなのに、なぜか気になってしまう・・・」という設定に変換され、野崎の漫画のサブキャラに。
ローレライの正体がバレるのかバレないのかというのも気になるところです。

結月と若松くんのおすすめ話

「7巻 第66号」若松が結月に告白をする話
「11巻 第102号」結月がローレライの正体を若松に明かそうとする話

野崎くんの漫画『恋しよっ♡』はキャラクターの日常と働きでできている。

アシスタントにものすごく助けられてる野崎くん。

野崎くんは漫画の背景が全く描けません。

それだけでなく、キャラがいる場所の指定が適当だったり、コマごとにキャラの立ち位置がめちゃくちゃになっていたり・・・何で漫画家デビューできたんでしょうか。(その理由は3巻 第24号参照・すごく笑ったのでぜひ見て)

そんな野崎くんをフォローするのがアシスタントのみんな(と担当編集者・剣さん)です。ベタ担当が千代、小物・花・点描など担当が御子柴、トーン・消しゴム担当が若松、立ち位置などの修正と背景担当が掘先輩。

野崎くんの書く漫画は全てアナログ。この漫画を見ると、漫画を作る苦労が少し分かるかも?漫画用語にも詳しくなれます。ベタフラッシュとか。

ちなみに一番貢献しているのは堀先輩だと思うんです。背景描けるってすごいですよね。演劇部の部長もやってるのに・・・仕事できそう。上司になって欲しい。

『月刊少女野崎くん』今後の見どころと次巻12巻の発売は?

最新刊11巻までで登場人物も少しずつ増えてきましたよね。11巻では鹿島くんの妹・麗(れい)が出てきましたが、今後もぜひ登場して欲しいです!

『月刊少女野崎くん』次巻の12巻は、2020年8月11日発売予定です。

現在のところ、約1年に1巻ペースの発売のようです。待ち遠しい!

ちなみに野崎くんにはまった方は、『公式ファンブック』もおすすめです。
カラーイラストやボツになったネタなど盛りだくさんです。(とあるイラストにもだえました)

ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です