大人女子の気ままな漫画感想ブログ

【46話考察】九龍ジェネリックロマンス 鯨井とグエンの再会。気になる真相の答えとは?ネタバレあり

『九龍ジェネリックロマンス』第46話の考察感想(ネタバレあり)です。

前話(45話)の考察感想はこちら

各話の考察まとめはこちら


九龍ジェネリックロマンス 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

『九龍ジェネリックロマンス』46話は『ヤングジャンプ 2021 No.30』に掲載されました。

当記事では、

主人公を「鯨井」、工藤の元カノを「鯨井(前)」

行方不明になった方を「グエン(偽)」、蛇沼の恋人の方を「グエン(本)」

と表記しています。

『九龍ジェネリックロマンス』46話のあらすじ

場面は、工藤と鯨井の会社。

九龍のエレベーターが壊れたらしく、工藤は中々対応しない管理会社に電話で怒鳴りつけます。

そして昼休みになり、楊明が鯨井を会社に迎えに来ます。

楊明が鯨井を連れて行った店にいたのは、なんとグエン(本)でした。

鯨井は、グエン(本)から色々と気になることを聞き出します。

クローンのこと、グエンの偽物のこと、

そして「工藤が鯨井(前)を殺した」ということについて。

グエン(本)は一体何と答えるのでしょうか・・・?

そして、昼休みが終わり、工藤に呼び出された鯨井。

鯨井は、またグエン(本)と会う約束をし、会社へと戻るのでした。

やっとグエン(本物)と再会できた!聞きたいこといっぱいあるよ!

46話の無料試し読みはこちら

『九龍ジェネリックロマンス』46話の考察感想(ネタバレ)

九龍のエレベーターが故障?

冒頭でエレベーターが故障していたのも九龍の異変のひとつなんですかね?

44話で、九龍が外から見ると崩壊した姿だったことが分かりました。

地震が起きたりエレベーターが故障したりというのは、本来あるべき姿(崩壊した姿)があらわになりつつあるということなのでしょうか?

管理業者が修理の対応をしてくれないというのも、九龍ではよくあることなのかもしれませんが、そもそも幻のようなものだからかもしれません。

グエン(本)と鯨井の再会

やっと鯨井とグエン(本)が再び出会えました!

今まで鯨井側とグエン(本)側の2方向で話が進んでいたので、読者的には少しじれったかったんじゃないと思います。

それにしても楊明ナイスですよね。実際に会ったことないのにグエン(本)だって気付いて連れてきちゃうんですから。すごい行動力。笑

楊明には友好的だったグエン(本)ですが、鯨井のことはやっぱり気に入らないよう。鯨井(前)の顔なじみだったので仕方ないですね。

前回の45話では、金魚茶館のボーイとして工藤と鯨井(前)を微笑ましく見ていましたし、特に工藤と仲が良さそうでした。今までの回想を踏まえると、グエン(本)の鯨井への態度も少し納得。

グエン(本)は、鯨井のことをずっと「偽物」として見ているようです。

「工藤が鯨井(前)を殺した」についてグエン(本)は?

鯨井はグエン(本)に色々と気になっていたことを聞きます。

その1つが「工藤が鯨井(前)を殺した」ということについて。

グエン(本)の答えは、「工藤さんは殺してなんかいない」でした。

で、ですよね?

だけど、結局詳しく聞けないまま鯨井は仕事に戻ってしまいます。

真相を小出しにしてくる感じがじれったい!!笑

どうして鯨井(前)が亡くなったかは、まだおあずけなのですね・・・。

グエン(本)と絶対の鯨井

鯨井を「偽物」としか見ていなかったグエン(本)ですが、鯨井と話して少し見方が変わったようです。

「鯨井(前)と同じ運命をたどるかもしれない」「工藤さんを好きな気持ちも同じ」と言うグエン(本)に、鯨井は反論します。鯨井の誓った「絶対の自分」です。

自分の気持ちは自分のものだと言い張る鯨井に、グエンは鯨井(前)とは違う存在を感じたようです。

そして何より「絶対の自分」と言うワードに反応したのでしょう。

なぜなら、25話で蛇沼みゆきも「絶対」を目指すという話をしていたからです。

「絶対」を目指す鯨井と蛇沼の道は、これからどうリンクしていくのでしょうか・・・。

さいごに

グエン(本)に聞きたいこと、消化不良な感じですね。

鯨井はまたグエン(本)に会いたいようでしたし、次回は真相が色々聞けるのでしょうか・・・。

次回が待ち遠しいです!

次話(47話)の考察感想はこちら

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です