大人女子の気ままな漫画感想ブログ

『天使禁猟区』残酷で美しい天使たちの物語を全力でおすすめしたい!(ちょっとだけネタバレ)

私の大好きな漫画『天使禁猟区』の感想です!

少女漫画でダークファンタジーと言えばコレ。

「人生で衝撃を受けた漫画ベスト10」には入るってくらい大好きです。

ざっくり言うとこんな漫画

  • 主人公は男子高校生
  • 聖書に出てくる天使や悪魔などがモチーフ
  • 生まれ変わり設定
  • 純愛もの(禁断の兄妹愛)
  • 少女漫画にしてはグロテスク

少女漫画で「天使」っていうと、キレイ、フワフワ、キラキラ・・・みたいなイメージだったんですよ。

だけど、『天使禁猟区』に出てくる天使は、欲があって人間臭くて残酷で、でも美しいんです。
天使禁猟区 3 (白泉社文庫)

『天使禁猟区』ってこんな漫画

  • 作 者 由貴 香織里(ゆき かおり)
  • 掲載誌 花とゆめ
  • 期 間 1994年15号~2000年22号
  • 巻 数 全20巻(文庫版 全10巻)

普通に人(天使?)が死んだり、血がいっぱいでるので・・・穏やかじゃないんですが

それ含めて作品の世界観だと思うので、大丈夫な方はぜひ読んでみてほしいです!

『天使禁猟区』のあらすじ

主人公・無道 刹那(むどう せつな)は、16歳の男子高校生。

刹那は、実の妹である紗羅(さら)に恋心を抱いています。

だけど紗羅に気持ちを告げることはできず、禁断の想いに悩み苦しむ日々。

そんなある日、刹那の前に突然、九雷(クライ)という少女が現れます。

九雷は、刹那が「女天使アレクシエル」の生まれ変わりだと言うのです。

一方、天界では、アレクシエルが封印した双子の弟・ロシエルが復活し・・・。

『天使禁猟区』1話を無料で試し読み

1話無料試し読みはこちら

1話見て好きな人はハマると思う

同作者様の最新作はちょっと変わった「美女と野獣」?

ここからはネタバレありです。
物語の核心は避けていますが「情報なしで作品を読みたい!」という方はご注意ください。

スポンサーリンク

魅力的なキャラクターを紹介

人間・天使・悪魔・神様などいろいろなキャラクターが出てきます。

無道 刹那(むどう せつな)

主人公。16歳の男子高校生。イギリスと日本のクォーターで見た目は美少年。

でも中身はケンカっ早いところもあります。仲間が自然と周りに集まるような魅力の持ち主。

実の妹・紗羅が好きですが、紗羅のために気持ちを隠しています。

女天使アレクシエルの生まれ変わり。

無道 紗羅(むどう さら)

刹那の実の妹で、カトリック系の学校に通う女子高生。美少女。

性格は明るく物事をはっきり言うタイプ。刹那のことが好き。

吉良 朔夜(きら さくや)

刹那の先輩。喫煙してるし不良っぽい。悪友で刹那の良き理解者でもあります。

天使だったり悪魔だったり剣だったり忙しい人。というか、色気がもう高校生じゃない。

アレクシエル(天使)

刹那の前世で、3枚羽の美しい女天使。

神に反して大戦を起こした罪から、精神と肉体を引き離されました。体は天界で収監され、精神は何度も人間に転生しています(現在は刹那)。

ロシエル(天使)

アレクシエルの双子の弟。中性的で美しい天使。

天地対戦の時にアレクシエルに封印されますが、復活し刹那の前に現れます。

見た目キレイなのに中身はなかなかヤバい。

カラーイラストが特にキレイなんですよね!

ビジュアル系の方をモデルにしているキャラもいるとかいないとか・・・。言われてみればそんな感じするかも。

好きすぎて画集も買っちゃいました

他にもキャラクター盛りだくさんで紹介しきれないです!個人的には九雷ちゃんとセヴォフタルタ様好きです。

『天使禁猟区』感想と魅力(ネタバレあり)

天界や地獄の世界観がいい!

天界やら地獄やら出てくるんですが、聖書の世界観をモチーフにしているみたいです。(宗教詳しくないので曖昧です…)

地球の上に七層の天界、下には七層の地獄があります。(上に行くほど神様に近い)

天使には色々な階級があり、権力を持つ者、従う者がいます。

天界にも人間界と同じように社会があって、上下関係、争い、理不尽、残酷さなどが存在するんです。

天界ってこんなにドロドロなの?

少女漫画の天使のイメージが変わりました。

人間臭さや残酷さがあるからこそ、ドラマがあって美しさが際立つんです!

純愛と主人公の成長物語

基本は、「純愛物」だと思ってます。

兄妹でありながら想い合う2人にいろいろな試練があるんです。

天界でバラバラの場所に飛ばされたり、禁断の関係を持った罪で裁判にかけられたり、紗羅の精神がおかしくなっちゃったり。

両想いなのにもどかしい!でもそれが行動の原動力でもあるんですよね。

読みながら、ずっと2人の再会を願ってハラハラしてました。

恋愛だけではなく友情・仲間・家族愛も描かれています。

キャラクターの関係性が本当に良くて、泣けるポイントが盛りだくさんなんです・・・!

敵だと思っていたキャラにもそれぞれドラマがあって・・・

みんな幸せになってくれ・・・という感じです。

先の読めない展開にドキドキ

え!このキャラにこんな設定が!? とか

この状況一体どうするの!?

という展開があって先が読めません。

物語は何編にも分かれていています。

舞台
1.物質界編 地球
2.星幽界編死後の世界
3.地獄編地獄
4.形成界編天界の第3階層
5.創造界編天界の第2階層
6.神性界編天界の最上層
編によって舞台が変わるので全く飽きません!

本当の敵は誰なのか?あのキャラクターの正体は何なのか?

どんどん読み進めたくなる作品です。

気になった方は『天使禁猟区』の世界観にどっぷりはまってみてください!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です