九龍ジェネリックロマンス2巻までの考察・感想ネタバレあり(17話まで)

『九龍ジェネリックロマンス』2巻(17話)までの考察です。

まだ2巻なのに気になるとこ多すぎて。


九龍ジェネリックロマンス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
作者眉月じゅん
出版社集英社
掲載誌週刊ヤングジャンプ
巻数3巻以下続刊

九龍ジェネリックロマンスをお得に読むには「ebookjapan」がおすすめです。

電子書籍サイト ebookjapan

他にも2,000冊を超えるマンガが無料で楽しめますよ!

ここからは盛大にネタバレ&個人的な考察ありです。ご注意ください。

今のところ一番の謎は、「主人公・鯨井が何者か」ってことですよね。

結論から言うと、鯨井はクローンじゃないかと思います。

私と同じように、クローンという予想を立てている方はけっこういるはず。

記憶喪失か、クローンかってところですよね。

もっと予想がつかない何かだったら面白いな、とも思いつつです。

現在分かっていること

九龍ジェネリックロマンス』2巻(17話)までのキーワードとポイント

『九龍ジェネリックロマンス』2巻(17話)までの、気になるキーワードや出来事を簡単にまとめてみました。

第1話(1巻)

  • 鯨井の視力が回復している
  • スイカとタバコ
  • 九龍は懐かしい場所
  • なつかしさ=恋

第2話(1巻)

  • ジェネリック地球建設が話題
  • 鯨井の目元のシワ
  • ロマンと高望み
  • 工藤の八を触るクセ

第3話(1巻)

  • 金魚茶館(なじみの喫茶店)
  • 工藤の彼女の存在

第4話(1巻)

  • 老人たちと麻雀をする工藤
  • 工藤の記憶の中の鯨井(ピアスあり)

第5話(1巻)

  • 工藤に影響される鯨井
  • 工藤を好きだと自覚

第6話(1巻)

  • 鯨井の顔の雰囲気が変化(恋?)
  • ジェネテラちゃんぬいぐるみ(大量生産)

第7話(1巻)

  • 金魚茶館にたどり着けない
  • 鯨井にキスをする工藤(間違えて)

第8話(1巻)

  • 工藤の元カノの写真
  • 金魚茶館に着けた

第9話(2巻)

  • 工藤と鯨井(元カノ)の出会いの回想
  • 工藤のセリフは鯨井(元カノ)の受け売り

第10話(2巻)

  • 楊明との出会い
  • 過去の記憶がないことに気付く鯨井
  • タルト(バースデーケーキ)
  • 元カノとの写真がないことに気付く?工藤

第11話(2巻)

  • 鯨井(今)の存在意義
  • シワ取りクリーム効いてない

第12話(2巻)

  • いつもの道が通れない
  • 新しい道の先に蛇沼製薬の看板

第13話(2巻)

  • 蛇沼製薬が九龍に
  • 無料健康診断
  • ピアス穴があいていない
  • 蛇沼グループがジェネリックテラ建設のアドバイザーに

第14話(2巻)

  • 金魚茶館の店員が辞めている
  • 元カノに似たイヤリングをつける鯨井(今)

第15話(2巻)

  • メガネをやめる鯨井
  • 工藤と新しいお店に行く

第16話(2巻)

  • 美容カウンセリング
  • シワに歴史がない

第17話(2巻)

  • アダムとイブの複製版画
  • EDENの口紅
スポンサーリンク

2人の鯨井の違い

ややこしいので、現在の主人公は「鯨井(今)」、工藤の元カノは「鯨井(前)」と表記します。

作品内でいうところの、鯨井A=鯨井(今)、鯨井B=鯨井(前)です。

鯨井(今)と鯨井(前)の違いはこんな感じ↓

鯨井(今)

  • 工藤より2歳年下
  • 工藤の後輩
  • 年齢より子供っぽい(ミーハー)
  • 新しい店に行きたがる
  • 耳にピアス穴が開いていない

鯨井(前)

  • 工藤より2歳年上
  • 工藤の先輩
  • 大人っぽい
  • 同じ店に行きたがる
  • 耳にピアス穴が開いている

九龍ジェネリックロマンス』2巻(17話)までの個人的な考察

2人の鯨井は別人か

現在の主人公である「鯨井(今)」と工藤の元カノである「鯨井(前)」。

2人の鯨井は別人だと思います。

記憶喪失という可能性もありますが・・・それだと色々変です。

まず、鯨井(今)の年齢。

第2話で工藤が、鯨井(今)は32歳だと言っています。

そして鯨井(前)は工藤より2歳年上なので現在36歳のはず。

鯨井(今)と鯨井(前)は年齢が合わないんです。

ただの記憶喪失なら、年齢を偽る理由はないのでは?と思うのです。

次に、鯨井(今)が仕事や周囲との関係に支障をきたしていないということ。

記憶喪失なら、分からないことや分からない人がいて困っているはず。

それどころか、写真を見るまで過去の記憶がないことに気付かなかったんです。

周囲が鯨井(今)に気を使っているということも考えられますが・・・それでも不自然です。

それに、記憶喪失なら、工藤が自分と鯨井の関係を黙っている理由もないんじゃないかと。

全く関係ないわけはないですが、2人の鯨井は別の人間だと思います。

鯨井(今)クローン説の理由

第1話で鯨井(今)の視力が回復していますよね。

鯨井(今)が存在しているのは、「その時」からじゃないかと思います。

視力まではコピーしていなかった。視力が違うことが鯨井(今)が別人だと示している?

読者には、1話以前の鯨井(今)も存在していたかのように見えましたが、本当はいなかったのかなと。

(自分がいなかったことを鯨井自身も知らない)

それと、「歴史のないシワ」と言うキーワード。

老化などからくるシワではなくて、元々ある溝。

鯨井(前)をコピーした時に、鯨井(前)のシワもコピーされた。

だから年数を重ねてできたものではないということ。

シワ取りクリームが効かないはずです。元々そういう形なんだから。

32歳はまだシワに悩むような年齢ではない、と作中では言われています。

でも、コピー元が鯨井(前)36歳だったなら・・・少しはあるかもしれません。

第6話の「ジェネテラちゃんぬいぐるみ」も気になるところでした。

大量生産されたぬいぐるみ。

クローンの比喩表現なのかなと思いました。

生産が追いつかなくて雑な作りになってしまっている。

顔がちょっと違うぬいぐるみもある。

鯨井(今)は、外見は鯨井(前)とそっくりですが、性格は全然違います。

外見も細かいところは違う部分もあります。(視力やピアス穴)

物語の中に、クローンを思わせる描写を感じるのでした。

スポンサーリンク

蛇沼製薬の存在

ずっと胡散臭かった蛇沼グループ。

17話で何となく分かってきたような気がします。

  • アダムとイブの複製版画
  • EDENの口紅
  • りんごの味
  • 「蛇」沼

旧約聖書に出てくるアダムとイブの話ですね。

分かりやすいモチーフを出してますし、読者に気付かせようという意思が伝わってきます。

アダムとイブの物語とは・・・

アダムとイブは世界で最初に生まれた男女。

2人は楽園で暮らしていました。

しかし、絶対に食べてはいけないと言われていた禁断の果実を食べてしまいます。

その代償として、アダムとイブは楽園を追放されてしまいます。

禁断の果実を食べるようにそそのかしたのが「蛇」なのです。

禁断の果実は、食べた人に知恵を与えます。

蛇沼が現れたことで、「知ってはいけないこと」を知ってしまうのかも・・・。

ジェネリックテラの建設にも関わっているみたいだし、どうなるんでしょう。

工藤は真相を知っているのか?

仮に鯨井(今)がクローンだったとして、工藤はそのことを知っているのか?

工藤は、鯨井(今)がクローンだと知っていると思います。

その理由は、13話の「ピアス穴開いてねーんだな…」という工藤のセリフ。

明らかに、鯨井(今)と鯨井(前)を比べていると思います。

「ピアス穴までは再現されないんだな」

という意味のセリフだとしたら、工藤は鯨井(今)がクローンだと知っているのでは。

工藤の性格からしたら、クローンとか毛嫌いしそうですよね。

それでも同僚として仲良くしているのは、事情があるのか。

元カノと関係があるからなのか。

写真を見えるところに置いていたのもわざと説ありますよね。

鯨井(前)のことを悟らせたくないとしたら、金魚茶館にも連れて行かないと思いますし。

工藤がどこまで真相を知っているのかも今後気になります。

まとめ

クローン説を推してきましたが、実際はまだ分かりません。

まだ2巻(17話)ですから。この先の話が楽しみすぎます!

九龍(クーロン)とクローンってかけてるわけじゃ・・・ないよね?

まさかね。

次話(18話)の考察感想はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です