九龍ジェネリックロマンス22話の考察・感想 お面の男の正体とは?【ネタバレあり】

『九龍ジェネリックロマンス』第22話の考察感想(ネタバレあり)です。

前話(21話)の考察感想はこちら


九龍ジェネリックロマンス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

当記事では、

現在の主人公を「鯨井」、

工藤の元カノを「鯨井(前)」

と表記しています。

『九龍ジェネリックロマンス』22話のあらすじ

おじいちゃんたちの麻雀広場に、謎の男が1人座っています。

黒髪の長髪にチャイナ服(カンフー服っていうのかな?)。

ジェネテラちゃんのお面をつけていて、素顔が分かりません。

麻雀をしているおじいちゃんたちは、謎のお面男を怪しんでいます。

場面変わって、鯨井はいつものスイカジュースを買いに店に行きます。

そこでお面男と会います。

お面男は、鯨井が落とした小銭を拾ってくれただけで、すぐに去っていきました。

その後、お面男は金魚茶館に行き、以前働いていた「タオ・グエン」の情報を尋ねます。

しかし、グエンの情報は何も分かりません。

その後、蛇沼みゆきと会って意味深な話をしていたり・・・何かを探っているようです。

一方、工藤も行方不明の「タオ・グエン」を探してました。

タオ・グエンが住んでいた家に通じる道は、ふさがれていて・・・。

『九龍ジェネリックロマンス』22話の考察感想(ネタバレ)

謎のお面男の正体は?

新キャラ!と思ったのですが、何だか見覚えが。

最後のページでお面をはずし、素顔が分かります。

お面の男は、「タオ・グエン」とそっくりでした。

蛇沼みゆきも彼の事を「グエン」と呼んでますし、「タオ・グエン」なんでしょうけど・・・。

きっと、以前に金魚茶館で働いていたグエンとは違う人物でしょう。

記憶喪失という線はなさそうです。

ドッペルゲンガーという単語からしても、同じ外見の人が複数いることが想像できます。

ややこしいので、今回登場したのは「グエン(お面)」と表記します。

グエンとグエン(お面)は性格が違うような気がします。

グエン(お面)は、ゆで卵でお手玉をしたりコインを手の甲であやつったりと、陽気で芸達者な様子。

外見は同じだけど、中身は違う。まるで鯨井と鯨井(前)のようです。

鯨井クローン説があるので、グエンもクローンという可能性があるのかな?

だけど、わざわざ金魚茶館に行き、情報を聞いていたところを見ると、グエンの動向を把握していないってことですよね。

もし意図的にクローンを作り出して実験しているとしたら、元の人間のことを把握しているはずです。

グエンが行方不明になった経緯も分かっていないみたいですし。

蛇沼とお面男の関係は?

蛇沼みゆきの距離感おかしくないですか?笑

なぜグエン(お面)の膝に座っている??そういう関係なのかしら・・・。

蛇沼とグエン(お面)の会話で気になる点がいくつかありました。

  • 鯨井(前)のことを知っているような発言
  • 「前回はほんのさわりだけだったでしょう。」の意味
  • 蛇沼とグエン(お面)は、グエンの動向を把握していない
  • ドッペルゲンガーという言葉

グエン(お面)は、鯨井に会ったことを蛇沼に話しました。

そして蛇沼は、鯨井に会った見解をグエン(お面)に尋ねます。

色も匂いも感触もほぼ同じだね。

『九龍ジェネリックロマンス』22話より

グエン(お面)のこの回答はどういう意味でしょう。

グエン(お面)は、確かに鯨井と会いましたが、触れたりはしていません。

「色」「匂い」「感触」が指しているのは、鯨井のことではないのか・・・それともグエン(お面)自身の事なのでしょうか。

グエン(お面)がクローンだったとして、自分の体の感触を確かめているとか?でも会話の流れだと、グエン(お面)じゃなくて鯨井のことだと思うんですが・・・。

グエン(お面)と蛇沼みゆきの会話から見て、蛇沼も全てが分かっているわけではなさそうです。

蛇沼が真相の黒幕っぽかったんですけど、違うのかもしれませんね。

何か裏を知っているのは間違いないですが、もっとよく分からない何かが九龍で起きているのかも?

通れない通路。九龍の異変に気付く工藤。

工藤が何か異変に気付いたようです。そりゃ不思議に思いますよね。

グエンの行方を探していますが、一向に見つからず、家にもたどり着けない。

工藤は、グエンの家に通じる道がふさがれていることを不審に思います。

工藤は、一体何をどこまで知っているのでしょう。

おそらく、鯨井が2人いることは知っていると思います。

だけど、蛇沼やグエンのことは何も知らない様子です。

鯨井の問題と、グエンのことや通れない通路はまた別の話なのかも?

さいごに

22話にきて物語が少し動きましたね。

これまでは、鯨井と工藤の内面的な描写が多いような感じでした。

だけど、グエン(お面)の存在が出てきて、同じ人が2人いる可能性が高まりました。

でも逆になぞが深まったような・・・。

次回では、グエン(お面)のことがもっと分かるのでしょうか?

次話(23話)の考察感想はこちら←

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です