『末永くよろしくお願いします』1巻感想(ネタバレ)残念な2人の同居生活が楽しい!

池ジュン子さんの漫画『末永くよろしくお願いします』1巻の感想(ネタバレあり)です。

本屋でジャケ買い。

絵柄が好みで、結婚式のご祝儀袋のような表紙デザインも可愛いです。

内容も面白くて、あっという間に読んでしまいました!


末永くよろしくお願いします【電子限定おまけ付き】 1 (花とゆめコミックス)

1巻は2020年8月10日に発売されました。

1巻の収録内容

  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • おまけ漫画

『末永くよろしくお願いします』1巻のあらすじ

女子高生の鷹司 輝(たかつかさ ひかる)は、唯一の肉親だった父親を亡くし、親戚に預けられることになります。

居候先の主は、葛切 清水(くずきり きよみず)。23歳の書道家でした。

最初は輝に冷たかった清水。ですが、超マイペースな輝に振り回され、2人は少しずつ打ち解けていきます。

清水の優しさに気付いた輝は・・・

「私、清水さんのお嫁さんになりますので」

清水にそう宣言したのでした!

ここからはネタバレありです。ご注意ください。

『末永くよろしくお願いします』1巻の感想(ネタバレあり)

残念で癖のある主人公とヒーロー

公式サイトで

年上ツンデレ×残念美少女

と紹介されていました。まさにそれです。

美男美女なのに、癖のあるキャラクターで残念なところが、輝と清水の魅力です。

主人公・輝(ひかる)は、高校生。

黒髪ロングの似合う美少女で、箱入りお嬢様。

そして、無気力・無表情・超マイペース・ふてぶてしい。

見た目は病弱で繊細に見えるのに、実はそれを利用して学校をサボっていたりと、要領のいいヒロインです。

一方、清水(きよみず)は、23歳イケメンの書道家。和服メガネ男子。

そして、自信家でみえっぱりなのに豆腐メンタル・陰キャの鑑。

書道の作品が上手く書けない時など、落ち込むとクマのぬいぐるみに癒しを求めます。

そんな輝と清水のテンポのいいやり取りが、ちょっとシュールで楽しい。

気付くと輝のペースに巻き込まれ、押され気味の清水です。

ヒロインの推しの強さと、2人の掛け合いの楽しさは、『高嶺と花』を思わせました。

『高嶺と花』が好きな人は好きかも。

ただ、キャラクターの性格は全然違うので『高嶺と花』とは違う魅力がたくさんあります。

特に輝のキャラにハマってます。

最初から逆プロポーズしちゃう主人公

癖のある主人公ということで、恋愛モードもひと癖あり。

清水の思いやりに触れ惹かれていった輝は、清水に「お嫁さんになります」宣言をします。

いやー強いですね、輝。

最近同じ同居もので『椿町ロンリープラネット』を読んだんですが、全然違う。笑

主人公の性格が違えば、こうも物語が変わるのかと・・・勉強になります(?)

輝は清水に最初からプロポーズしたり、キスをしたり、学生コスプレさせるために服を脱がせようとしたり。

清水を振り回して翻弄させる輝を見て、あれ?輝の方がヒーローなのかな?ってなりました。

実は優しいツンデレ清水

清水って優しいですよね。

というか、あの輝の面倒を見ている時点でいい人なんだと思います。

いつも輝に突っ込んだり引き気味なのに、新しい制服を褒めてくれた時はドキドキしました。

実は天然タラシなのか・・・?

意外と素直な清水の反応に、不意打ちされて照れる輝も可愛かったです。

なるほど主人公(女)が普段の主導権を握っていると、逆の立場になった時にまた違ったドキドキが味わえるのですね・・・。

実は輝のことを心配していたり、いざという時には助けてくれたり。カッコいいところたくさんあります。

書道家一族の中で、実は血の繋がらない清水は、色々な苦労をしてきたみたいです。

書道の才能も、努力で得たもの。

そんな境遇を、普段は表に出さない強さのある人だと思います。

さいごに

逆プロポーズはしてるけど、まだまだ恋愛モードは薄いかな。保護者×居候の関係の方がまだ強いと思います。

タイトル通り、輝は末永くよろしくできるのか!?

個性の強い2人がどうなっていくのか楽しみです。

↓年の差漫画が好きな方にぜひおすすめしたい作品たくさんあります!

年の差ラブの漫画おすすめ9選【男性年上編】大人の男性やイケオジにキュンとする!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です