【26話考察】九龍ジェネリックロマンス 鯨井が神様に願う事とは?ネタバレあり

『九龍ジェネリックロマンス』第26話の考察感想(ネタバレあり)です。

前話(25話)の考察感想はこちら←


九龍ジェネリックロマンス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

当記事では、

現在の主人公を「鯨井」、工藤の元カノを「鯨井(前)」

行方不明になった方を「グエン」、お面をつけている方を「グエン(お面)」

と表記しています。

『九龍ジェネリックロマンス』26話のあらすじ

今回の26話は24話の続きですね。

鯨井が倒れた後、工藤は自分の部屋に鯨井を運び、寝かせていたようです。

鯨井はそのまま爆睡して、翌朝になっていました。

目覚めた鯨井に、工藤は言います。

「俺の知っている鯨井令子のことを話すか?」

しかし鯨井は、聞かなくていいと拒否します。

工藤の家を出て、街を歩く鯨井。

お香の匂いに誘われてお寺に立ち寄ります。

お寺には麻雀仲間の周さんがいました。

鯨井は、周さんに「ジャオベイ」というおみくじを教えてもらいます。

鯨井の願い事とは何なのでしょう。

そして鯨井の願い事に、神様はなんと答えるのでしょうか・・・?

工藤はなんだかんだで鯨井を気にかけてるよね

→26話の試し読みはこちら

『九龍ジェネリックロマンス』26話の考察感想(ネタバレ)

鯨井(前)の話を拒否する鯨井

工藤の家で目覚めた鯨井。工藤は、鯨井に鯨井(前)の話をしようとします。

だけど鯨井は、鯨井(前)の話を聞きませんでした。

いや、読者はものすごく気になってると思いますけど・・・。

なかなか真相を聞き出せませんねえ。考察ができるので面白いところでもあるんですが。

自分から話をしようとするということは、工藤はもう腹を決めたってことなのでしょうか。

元々あんまり隠す気なかったのかな?じゃなかったら、元カノの写真をうかつに見られたり、鯨井を金魚茶館に連れて行ったりしないですよね。

鯨井が話を聞かなかったのは、迷いがあったからなのかなと思います。

鯨井(前)のことが気になって知りたかったのも本当。

だけど、聞いてしまったら「自分の存在が何か」ということが決定的になってしまう。

しかも、恋している工藤から鯨井(前)の話を聞くのは、きっと勇気がいるでしょう。

ジャオベイに願う鯨井の願い事は?

ジャオベイとは、台湾式のおみくじ。漢字で書くと「筊杯」です。

地面に投げて出た、ジャオベイの表裏の組み合わせで占いができるそうです。

  • 聖杯(裏×表)→願いが聞き入れられた
  • 筊杯(表×表)→もう1回
  • 怒杯(裏×裏)→もう1回

鯨井は、何度やっても怒杯(裏×裏)しか出ません。

周さんの「結果を変えずに同じことを願ってごらん」と言うアドバイスが面白いなと思いました。

鯨井は、無意識に鯨井(前)の影を追っているのでしょう。

メガネもイヤリングもやめて、自分自身を生きようとしていた鯨井でしたが、いつの間にか鯨井(前)に引っ張られていたようです。グエン(お面)の言ったことがけっこう効いてるのかな。

もし神様がいるとしたら、「鯨井(前)の影を追って工藤と結ばれても幸せになれない」と忠告してくれているのかもしれません。

「絶対の私」が意味するもの

鯨井の願う「絶対の私」とはなんでしょう。

前回25話でも「絶対」という言葉が出てきました。蛇沼みゆきのセリフです。

【絶対】他に比較するものや対立するものがないこと。

goo辞書より引用

鯨井(前)のことなんて関係ない、ましてや鯨井(前)を知る人も関係ない。

誰とも比べられない、たったひとりの自分であること。

鯨井は、初めて明確に言葉にしたのではないでしょうか。

「絶対」も大事なキーワードのようです。

鯨井が目指す絶対と、蛇沼の目指す絶対は、ある意味同じなのかもしれません。

さいごに

鯨井は、改めて決意したようですね。

ただ、鯨井が自分の人生を生きようとするなら、鯨井がいる意味ってなんでしょう。

外見も設定も鯨井(前)と同じである意味ってなんでしょう。

その辺りの矛盾が今後語られるのでしょうか・・・。

次話(27話)の考察感想はこちら

おまけ 『九龍ジェネリックロマンス』をお得に読むには?

『九龍ジェネリックロマンス』をお得に読むには、「ebookjapan」がおすすめです。

初めて利用した時に、50%OFFクーポンが6回分もらえました

電子書籍サイトebookjapan↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です