BUSTAFELLOWS(バスタフェロウズ)スケアクロウ 攻略感想(ネタバレあり)天才おバカキャラの大好きを味わいたい!

スポンサーリンク

バスタフェこと「BUSTAFELLOWS」無印 スケアクロウルートの感想です。

スケアクロウ

攻略5人目はスケアクロウです!

クロちゃんはテウタと歳が近いので、同級生のような可愛い等身大の恋愛を楽しめました!


BUSTAFELLOWS(バスタフェロウズ) – Switch

BUSTAFELLOWS(バスタフェロウズ)公式サイト

リンボ 攻略感想はこちら

シュウ 攻略感想はこちら

モズ 攻略感想はこちら

ヘルベチカ 攻略感想はこちら

総評・真相ルート感想はこちら

スポンサーリンク

スケアクロウのキャラクター紹介

スケアクロウ(CV.白井悠介)

スケアクロウ

22歳。自称「裏社会のボス」を名乗るインターネット上で有名なサイバーギーク。ハッキングや情報操作はお手のもの。家で作業していることが多く、あまり外出しない。お調子者でイジられキャラっぽいところがある。

※ここからはスケアクロウルートのネタバレ感想なので未攻略の方はご注意くださいませ。↓

スポンサーリンク

BUSTAFELLOWS(バスタフェロウズ)スケアクロウルートの攻略感想

スケアクロウルートをひとことで表すならば。

ににゃ

天才なのにちょっとダサい。だけどそこが可愛い!!

スケアクロウのここが良い!!

  • 同級生の友達みたいな可愛い恋愛が楽しめる
  • かなりの天才なのにおバカキャラ
  • 「主人公のこと大好き」が伝わってくる

ちなみにBUSTAFELLOWS SEASON2 もプレイしてます。

SEASON2 のスケアクロウ感想はこちら

スケアクロウルートの総評

クロちゃんは22歳でテウタより1歳だけ年上。他のみんなは大人だなって思う場面が多かったけど、クロちゃんは子供っぽいところがあって、同級生同士の恋愛みたいで良かったです。純粋に可愛いカップルだな!と思いました。

テウタのことが可愛すぎて好きすぎてどうしよう!みたいなのがダダ漏れで甘酸っぺえーです。だけど、そんなちょっとキマらないところがクロちゃんの良いところ。本当はすごい賢いハッカーなのに、三枚目キャラなのがギャップですよ。家主なのにみんなにイジられてますし。

そして、クロちゃんにも辛い過去がありましたね。まだ22歳なのに人生が濃いなあと思います。明るくて優しいクロちゃんを豹変させるほどの精神的ストレス…?自分のトラウマと向き合う話でもありました。結果的にお父さん生きてて本当良かったです。

クリスマスとほっぺちゅー。

今は家族もおらず、クリスマスらしいクリスマスをしたことが無いというクロちゃん。そんなクロちゃんのために、テウタは内緒でクリスマスパーティーを企画します。

いや本当みんな仲良すぎるし、いつもクロちゃんをいじってるけど、なんだかんだで協力してくれるんですよね。けなしながらも、みんなクロちゃんが好きなんですきっと。そういうの良いよね。

クリスマスが終わったあと、テウタとクロちゃんは二人きりでピアノで遊んでいました。そこで、クロちゃんがテウタにほっぺキス!慌ててごまかしてたけど、テウタ可愛いが限界突破しちゃったんでしょうね。

テウタとクロちゃんの組み合わせは、同じ目線の高さで話している感じがとても良いです。攻略はクロちゃんが最後なのですが、リンボ、シュウ、ヘルベチカはすごく年上って感じがして、モズは…独特なので置いておくとして。クロちゃんだけが同じ目線で話せるなあという感じがしました。友達の延長線上みたいな。本当はクロちゃんも1個だけ年上なんですけどね。そんな全くしません(笑)。

もうひとりのスケアクロウ、以外な過去。

シュウの言動がきっかけで、クロちゃんは自分の過去をみんなに告白します。

22歳にして色々経験しすぎだろ…と思ったのですが、高校飛び級で13歳で大学!?クロちゃんて本当に賢いんですね。普段おバカな感じだから余計びっくりなんですよ。

大学を中退したクロちゃんはクラッカー(ハッカーの悪いやつ)になり、コンスタンティンの勧誘を受けます。そこで、町の通信を15分ダウンさせるというプログラムを実行してしまうのです。たった15分…だけど、そのせいで事故にあった人や亡くなった人がいるという事実。コンスタンティンが完全に悪いのですが、若かったとはいえクロちゃんにも責任はあります。バスタフェの攻略キャラってみんな過去に何か悪いことしてるんですよねえ。みんな良い人で大好きなんだけど、完全に「善人」とは言えないところがこのゲームのポイントですね。

クロちゃんはコンスタンティンを辞めようとしましたが、拷問を受け、父親も殺されてしまいます(本当は生きてた)。そんなトラウマを軽減するために、クロちゃんは身の危険を感じると人格が変わったような一面を見せます。

そりゃそんな壮絶な経験してたら精神的にやられるのも当たり前ですよ。クロちゃんは、トラウマのせいで無意識にテウタの首をしめてしまったことや、過去を忘れようとしている自分がいることを恐れていて、直したいと思っています。

「みんなの傍にいてもいい人間になりたい…みんな、俺の家族なんだ」

「弱い自分を忘れるんじゃなくて、覚えていたい。強くなれるように忘れずにいたい、もう逃げたくない」

クロちゃんは、テウタやリンボたちを家族と思っていて、すごく支えになっているんだなというのが分かります。数ヶ月のシェアハウスなのに、幼なじみみたいな家族みたいな距離感すごいし羨ましい。私はむしろ、今のクロちゃんみたいに明るいおバカキャラになっているのがすごいなと思うし、十分強い人間だと思います。

クロちゃんのかっこ悪いところ、好きだよ。

その後、クロちゃんの携帯に、コンスタンティンの雇った殺し屋から電話がかかってきます。それは、父親を殺されたくなかったら取引しろ、というもの。クロちゃんは誰にも相談せずひとりで突っ走ってしまいます。アホーーー!!それ絶対行ったら捕まるやつじゃん!!と思いつつも、クロちゃんは、まんまとお父さんと一緒に殺し屋に捕まってしまうのでした。

前にお父さんが殺されたと思ってたことがトラウマになってるんでしょうね。絶対助けなきゃ!って気持ちからも行動だとは思うのですが…。クロちゃんが「放おっておいて」と言っても、みんな慌てて助ける方法を探しているのが愛ですね。

クロちゃんとお父さんは、制御不能な電車に乗せられ、事故を装って殺されそうになります。そこで思いついた助かる方法は「圏外で無くなる一瞬のポイントで助けを呼ぶメールを送ること」。自分にしか分からない暗号をテウタに送る→テウタが時間を遡って数時間前のクロちゃんに伝える、という計画。いやーテウタの能力マジで便利すぎる。

助かるか不安な電車の中、クロちゃんがテウタへの思いをお父さんに伝える場面が好きでした。

「俺、大好きなんだよ…あの子のこと」

「初めて会った時はさ、顔が可愛いって、めちゃくちゃタイプだって思った。でも今は、それが理由じゃない。大好きなところが、たくあるんだ」

クロちゃんはテウタと初めてあった時から、テウタへの好感度高いなって感じていました。タイプなんだろうなあと。だけど、二人の会話や過ごしている雰囲気を見ていると、可愛くて楽しそうで、クロちゃんがテウタのことを、顔だけじゃなくて心の底から「可愛い」って思ってくるのが伝わるんです。たまに口からダダ漏れてたし(笑)。

最後は移動遊園地で、ちょっとシマラないながらも、ちゃんとテウタへの気持ちを言葉にしてくれます。

「俺は、俺が好きな自分になりたい」

「もっと強くなって、かっこよくなって、俺のこと好きにさせてみせる」

そんなクロちゃんにテウタは「クロちゃんのかっこ悪いところ、結構好きだよ」と言います。この返し完璧じゃないですか???

そう、クロちゃんの良いところは「かっこ悪いところ」なんです!それって一見、短所だと思いますが、クロちゃんは、優しくて一生懸命で一途で…みんなにイジられて場を楽しくしてくれるような素敵な「かっこ悪さ」なんです。ちょっと気の強いテウタに押し負けちゃうところなんかも可愛いですよね。

歳をとっても、ずっとこんな感じで、友達みたいな可愛いカップルでいて欲しいなあと思いました。尊い。

スポンサーリンク

さいごに

クロちゃんルートは他の年上組とは、また違った雰囲気の恋愛で楽しかったです。かといって子供っぽすぎることもないですし。2でどう成長しているのかも楽しみですね!

次はとうとう真相ルート!では、ここまで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました