大人女子の気ままな漫画感想ブログ

落園の美女と野獣【2巻】感想 (ネタバレあり)もう1人のベルの正体とは?

『落園の美女と野獣』の2巻を読みました!ネタバレありの感想です。

1巻の感想はこちら←

少し謎が解けて内容が分かってきましたね。

あと恋愛要素も出てきたぞ!それ待ってた!

2巻は2020年6月11日に発売されました。5話~8話までとおまけ漫画が収録されています。

2巻の収録内容

  • CONTE05
  • CONTE06
  • CONTE07
  • CONTE08
  • EXHIBITION05
  • EXHIBITION06
  • EXHIBITION07
  • EXHIBITION08

『落園の美女と野獣』2巻のあらすじ

キリルの城で針子として働くことになった主人公・ベル。

野獣にさらわれ生死不明になった母親を探すことを目標に、前向きに生きるようになりました。

だけど、ベルは「開かずの間」でキリル王子の秘密を知ってしまって・・・?

もう一人のベルとは誰なのか、

キリルと城の住人が呪われた理由、

巫女様(ラ・メディウム)の正体など・・・

2巻では謎が少し解けていきます。

そして、ベルのキリル王子への気持ちも変化していきます。

作者・由貴香織里さんのおすすめ作品

『落園の美女と野獣』の作者様のこちらもおすすめ。

架刑のアリス 全11巻

世界有数の財閥・久遠寺家で当主を決めるため、突然始まったデスゲーム。

四女のステラは、兄妹9人の殺し合いに巻き込まれることに・・・。

天使禁猟区 全10巻(文庫版)

『天使禁猟区』の個別記事を書いてます。↓

『天使禁猟区』残酷で美しい天使たちの物語を全力でおすすめしたい!

↓ここからはネタバレがあるのでご注意ください。

『落園の美女と野獣』2巻の感想

もう1人のベルの正体は・・・

けっこうあっさり「もう1人ベル」のことが分かります。

キリル王子は婚約者がいたんですね・・・。だから悲恋なのかな?

ただ、「もう1人のベル」は結晶化して眠り続けています。

彼女の目を覚まさせるには、巫女様(ラ・メディウム)の配下を倒して結晶のカケラを取り戻さないといけないんです。

キリル王子の妹・ジゼールがベルに辛く当たっていたのもうなずけます。

同じ名前だからよけい気にさわったんでしょうね・・・。

恋心に気付いてしまったベル

キリル王子の婚約者である「ベル」を知ってしまったこと。

口も態度も悪いけど、キリル王子のさりげない優しさに気付いてしまったこと。

それは、ベルのキリル王子への恋心を自覚するきっかけでした。

いやキリル王子ね、見た目が人間じゃないだけで、典型的な俺様ツンデレですよね?

いや、ツンデレとはちょっと違うのか?

嫌な奴と見せかけて実は優しいとか。これは惚れるよ。

ベルはキリル王子の見た目とかどうでもいいんだな?元は人間だからいいのか。

婚約者ベルの目を覚ますために頑張る流れになるんだろうけど・・・目を覚ましたらどうなるんだろう。

2人のベルの修羅場・・・!?

いやいや、同じ名前っていうのも何か理由があるはず。

ベルの気持ち、報われて欲しいなあ。

巫女様(ラ・メディウム)とママの顔

巫女様(ラ・メディウム)けっこう好きです。

やってることは悪いんですけど、由貴香織里さんの描くこういう狂ったキャラ好きなんです。

キリル王子への愛が狂気に変わっちゃったパターンですね。

愛とか美しさへの執着って、狂う理由としては納得できるし(共感はしないけど)永遠のテーマですよねえ・・・。

由貴香織里さんの作品は、そういったものをこう、なんというか、ダークに?ドロドロに?でも美しく描くんです。

それは大きな魅力で大好きな理由のひとつだなと思います。

巫女様(ラ・メディウム)は、美しくあるためベルの母親の姿を借りているようでした。

ベルの母親はまだ生きているということなんでしょうか・・・?

助けられる可能性ありそうですね!

キリル王子のスポンサーとは?

自称・キリル王子のスポンサー「ヴィーヴィル」が登場。

ヴィーヴィルは、ベルに「美しいものをもらう代わりに力を与える」といいます。

どうやらキリル王子とも何かを契約を交わしているようで・・・。

おそらく城やもう1人のベルを時間を遅らせることでしょうか。

ヴィーヴィルは、ベルの首の印についても何か知っているようでした。

うーん正体が分からないキャラがまだまだ多いな。

『落園の美女と野獣』次巻3巻の発売日と今後の展開は?

次巻は巫女様(ラ・メディウム)との直接対決でしょうか!わくわく!

ベルは母親を助けることができるんでしょうか?

キリル王子やジゼールの本当の姿も気になりますね。早く出てこないかな。

次巻3巻の発売は、2020年10月13日予定です!

次巻(3巻)の感想はこちら←

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です