大人女子の気ままな漫画感想ブログ

【39話考察】青野くんに触りたいから死にたい 藤本の恋心の行方は・・・?ネタバレあり

『青野くんに触りたいから死にたい』第39話の考察感想(ネタバレあり)です。

前話(38話)の考察感想はこちら

各話の考察まとめはこちら


青野くんに触りたいから死にたい(1) (アフタヌーンコミックス)

ここからはネタバレ&個人的な考察ありです。ご注意ください。

『青野くんに触りたいから死にたい』39話のあらすじ

38話の続きです。

誕生会から帰る優里を見送る藤本。

思わず「俺も寂しい」と言った言葉を、「みんなが寂しい」と言い直します。

誕生会に戻った藤本は堀江先生(美桜のいとこ)に相談をします。

「絶対に思いたくない感情がある」

「そんなこと思うべきじゃないのに」

優里に対する気持ちを整理し切れない藤本。

堀江先生の答えは・・・?

場面変わって、優里の家。

優里が部屋に戻ると、青野が待っていました。

恋人らしい2人の幸せな時間。

だけど青野の表情はどこか複雑そうで・・・。

ついに藤本が覚醒するのか!?

『青野くんに触りたいから死にたい』を
無料で読むなら
「コミックDAYS」がおすすめです

チケットを使えば無料で読むことができますよ!

『青野くんに触りたいから死にたい』39話の考察感想(ネタバレ)

どんどん可愛くなる優里

優里って元々可愛いんですが。最近さらに可愛くなってませんか?

絵柄が少しずつ変わってるのもあるんですけど、何というか・・・優里自身がどんどん魅力的になってるというか。

優里は、藤本に「もう白髪を隠す気にならない」と言います。

それは何かが吹っ切れたからなのか、それとも受け入れたからなのか。

穏やかに話す優里の表情は何だか美しいです。

物語が進むにつれて、優里は優里らしくなっていったと思います。

最初は、友達がいなくて家族ともうまくいっていなくて、青野に依存している・・・そんな印象がありました。

今も青野が好きなのは変わりませんが、自分の意思を大事にしている感じがします。

四つ首様編の件で、優里は青野と、そして自分自身とも向き合いました。

心境の変化が、今の優里の言葉や表情に出ていると思います。

しっかりと自分を持ってる人って素敵ですもんね。

そんな「優里らしい」優里だから、魅力的に見えるのかもしれません。

藤本の恋心と葛藤

優里のことを好きな藤本、切ないです。

「俺も寂しい」の言葉をごまかしてしまった藤本ですが、きっと本音なんでしょうね。

堀江先生が言った、

「こんなこと思っちゃいけない」ってことは「本当はそう思ってる」ってこと。

という言葉に納得しました。

「こう思っちゃいけない」って言い聞かせてるってことですもんね。

本当は誰より、そうしたいという欲求が強い。

藤本がずっと閉じ込めてきた優里へ想いのフタは、もう限界なのかもしれません。

藤本は本当にいい人だと思います。

きっと青野が生きていたら、青野と優里の仲を壊そうなんて考えないでしょう。

だけど、青野が幽霊で、優里の命は少しずつ削られている。

藤本が優里をあきらめ切れないのもわかる気がします。

優里と青野の関係はどうなるのか?

藤本が優里への想いを募らせる一方、優里と青野はラブラブです。

誕生会が楽しかったと言う優里に、少し寂しそうな表情を見せる青野。

そんな青野に優里は、「青野くんといるのが一番楽しい」と言います。

青野が寂しそうだからとかじゃなくて、優里の本音なんですよね。

前ほど捨て身にはなっていませんが、優里の最優先はいつも青野なんでしょう。

今の優里の周りには、美桜や藤本、希美たちもいます。

力になってくれる人たちがいて、しっかり自分を持つようになった優里なのに。

それでも青野への態度が変わらないのってすごいと思います。

そして優里が依存に似た愛を持っているように、青野もまた、優里に対して特別な想いを抱いているような気がします。

以前、「優里は藤本と付き合った方がいいんじゃないか」と思ったこともあった青野ですが、今はどうなのでしょう。

手を離せないのは青野の方なんじゃないかと、個人的には思うのです。

さいごに

藤本が覚醒(?)しそうな予感です。

生者と幽霊でありながら、優里と青野は本当に恋人らしくなりましたね。

ここにきて藤本が2人の仲をかき乱していくのでしょうか・・・。

恋愛模様と生け贄の結末と・・・これからの展開がとっても気になります!

次話(40話)の考察感想はこちら

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です