『私たちはどうかしている』ドラマ1話感想(ネタバレあり)漫画原作との違いは?

どうも、ににゃと申します。

今回は、ドラマ「私たちはどうかしている」1話の感想を書いていきます!

水曜・夜10時放送。第1話の放送は、2020年8月12日でした。

ドラマ公式サイト

原作の漫画がすごく面白かったんです!

ということで、原作は最新刊の13巻まで読んでいます。原作は、安藤なつみさんの漫画。

老舗和菓子店で繰り広げられる、サスペンスあり恋愛ありの少女漫画です。

ドラマ1話を終えて、ざっくり感想

  • 老舗和菓子店でのサスペンス
  • 和菓子や和菓子知識がたくさん
  • キャスト陣が素敵
  • 原作に沿っている
  • 和菓子が食べたくなる
  • 和菓子買いに行こう

ここからは「ネタバレあり」と「ネタバレなし」のあらすじと感想です。

原作との違いも見比べてみたいと思います

ドラマ「私たちはどうかしている」あらすじ

主人公・七桜(なお)が子供の頃、母親が住み込みで働いていた和菓子屋・光月庵。

光月庵(こうげつあん)は、創業400年を誇る金沢の老舗和菓子屋でした。

七桜は、光月庵の一人息子である椿(つばき)と仲良くなり、よく一緒に遊ぶようになります。

しかし、ある日突然、光月庵で殺人事件が起きたのです。

七桜の母親は、殺人容疑をかけられ、母娘は引き離されてしまいます。

容疑を否認する七桜の母親。犯人だと証言したのは、なんと椿だったのです。

そして15年の月日が経ち、和菓子職人として修行に励んでいた七桜は、椿と再会します。

七桜の正体に気付かない椿が持ちかけたのは「結婚」で・・・?

ドラマの公式PR動画あります

ドラマ1話の感想(ネタバレなし)

面白かったです。

ですが、原作を読んだ人と読んでない人で感想が違うのかもしれません。

良くも悪くも、漫画原作のドラマだなという感じはしました。

  • 設定がありえない
  • セリフや言動が現実っぽくない
  • 美男美女すぎる(褒めてる)

こういうところですね。

ただ、この作品に限ったことではないですし、フィクションとして見れば面白いと思います!

美しい和菓子が見られる

和菓子屋さんの話なので、和菓子がたくさん出てきます。

漫画でも丁寧に描写されていましたが、白黒なのが残念。

ドラマでは実物が出てきます!実際はこんな色だったんだ、と楽しく見ることができました。

上生菓子って通販でも買えるんですね!(生っぽいからダメだと思った)

↓どれも美味しそうで迷ってます・・・!笑


【送料無料】季節の上生菓子おまかせ6個セット

キャスト陣が素敵

主人公・七桜役の浜辺美波さんと、高月椿役の横浜流星さんが美しすぎる・・・。

横浜流星さんの演技が、クールで品のある椿の役にぴったりだと思いました。

浜辺美波さんも良いんですが・・・、原作の七桜って美人設定じゃなかったと思うんです。

そこさえ気にしなければ、素敵なキャスト陣だと思います。

とくに、観月ありささん演じる女将さん。あの、美人なのに悪女っぽい雰囲気がすごく出てました。

あのキャラがいないと物語が盛り上がらないですもんね!

ここからはネタバレありです。ドラマ未視聴の方はご注意ください。

ネタバレあり感想

いきなり「俺と結婚しない?」ってすごいですよね。椿は七桜と初対面だと思ってるんですよ!?

でも横浜流星さんに「結婚しない?」って言われたら・・・

というのは置いといて。

漫画ではそこまで思わなかったんですが、実写にすると余計ありえないですね。

でもそれがどうにかなっているのは、役者さんの美しさと演技の力なんでしょうか。

横浜流星さんと浜辺美波さんだから成り立っているのかな、とも思います。

結婚式にのりこんで、最後はキスしちゃうのもすごい展開ですよね。

1話は終始シリアスだったなと思います。昼ドラっぽいというか・・・重いです。

光月庵の和菓子職人たちがコミカルな感じがするんですが、シリアスとのバランスを取ってるのかな?と思いました。(まだ少ししか登場してないけど)

内容的に重いのはしょうがないと思うんですけど、ほっとする瞬間も欲しいですもんね。

まだ1話だけでは判断できないなというのが正直な感想。

ただ、キャストさんの演技をもっと見たいなと思いました。

椿のおじいちゃんの、優しそうに見せかけて豹変する感じとかもっとみたいです。

あと観月ありささん美しすぎる・・・。原作では色々やらかしてくれたけど、あんな女将さんだったら言うこと聞いちゃうのも分かる。

ドラマと原作との違いは?

原作は、安藤なつみさんの漫画「私たちはどうかしている」です。

ドラマ化記念として、1巻から3巻までがお安く購入できるみたいです。
私はもう買っちまったけどよ・・・。

2020年8月12日に13巻が発売されました。

現時点ではまだ完結していません。(2020年8月)

だけど、物語は終盤に近づいている感じがします!

光月庵の跡取り問題は解決し、七桜と椿の関係にも大きな変化がありました。

殺人事件についても謎が少しずつ分かってきていて、なんとなくこの人が犯人かな?と予想を立てています。(これ以上新キャラ出てこなければですが)

原作との違い(ドラマ1話時点)

ほぼ原作通りだと思います。ドラマ1話は、原作でいうと第1話から第4話までの話。

細かいセリフや場面は違うところがありますが、流れはほとんどそのままでした。

違うところと言えば、

  • 新人職人の城島が1話から出ている(原作では第5話から)
  • 菓子職人たちがコミカルな感じ
  • 女将さんが指で虫プッチンするシーンがある(原作では第5話)

くらいでしょうか。原作の世界観を壊すほどのことではありません。

気になるのは、ドラマではどこまで話が進むのか。

犯人が分かるところまで行くのか?です。

原作は完結していないので、ドラマは話の方向が変わる可能性もありますね。

さいごに

現実ではありえない設定、ありえない物語を、実写にどこまで落とし込むのか。

私は、今後がすごく楽しみだなと思いました。

正直、原作と同じでもオリジナルのストーリーを展開しても、面白ければどっちでもいいんです。

私はいろいろな和菓子が見たいので、とりあえず続きも見ます。(そこ?)

老舗和菓子屋のドラマ「福家堂本舗」もおすすめ

「私たちはどうかしている」と同じで、漫画原作・老舗和菓子屋が舞台のドラマです。

こちらはサスペンスではなく、和菓子屋の3姉妹の恋愛物語が中心です。

Amazonプライムで見られます。


「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」予告 第1弾

和菓子職人・健司役の市原隼人さんが渋カッコいいんです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です